<品種と梨あれこれ>
ご存知ですか?千葉県は全国一、そして白井市は千葉県一の生産地です。

 海のイメージが強いのか、意外に知られていないのが千葉県の農業で、中でも梨は全国一の生産量を誇っています。特に早生(わせ)の幸水と、次に出る豊水の生産量が多く、白井の梨は特に甘み・果汁の豊かさが他の生産地に勝り、昔から知る人ぞ知る、「プロが好んで求めた梨」です。

幸水(こうすい)

 早生(わせ)の代表 幸水は、8月中旬から下旬にかけて収穫期を迎えます。
 とても甘く、酸味はほとんど感じられません。果肉が軟らかくて果汁も多いので、どなたにも好まれる美味しい梨です。品種の特徴で、日持ちがあまり良くないので、必ず冷蔵庫に入れ早めにお召し上がりください。
 現在、「早出し」の出荷調整を目的に「成長促進」「熟期促進」のホルモン剤を塗布・散布した幸水が8月初旬頃から市場に出始めますが食感・味ともに、自然に完熟期を迎えるまで樹で育った梨の美味しさとは大きな開きがあります。
 

豊水(ほうすい)

 8月末頃から9月半ば頃までが収穫期の品種は、高橋果樹園一番人気でおススメの豊水です。
 完熟豊水は糖度とほどよい酸味のバランスが絶妙で、柔らかい果肉がお口いっぱいのジュースに変わるほど、たっぷりの濃厚な果汁がとても美味しい自慢の品種です。
 サイズは幸水より一回り大きく、完熟するときれいなオレンジがかった色になります。また日持ちもよいので、ゆっくりと楽しんでいただけます。
 豊水もよく冷やして召し上がっていただくと、格別の美味しさです。


あきづき

 新しい品種「あきづき」は幸水・豊水・新高の3つの品種の交配でできた梨で、これら梨の長所ばかりを持ち合わせて、近年高級梨として評価されてきた秀逸の梨です。
 糖度は非常に高く、果肉は幸水の色(白)と柔らかさ、キメの細かさ。食感は豊水のシャリッとした歯触りと果汁の豊かさ。形は円く、完熟すると底の部分に月のような輪が表れます。豊水と同じくらいの大きさになります。幸水の交配種のため、豊水ほどは日持ちしません。収穫時期は9月半ば頃です。
 

新高(にいたか)

 晩生の王様「新高」の花は、春最も早い時期に開花し、濃い緑の厚い葉が、新高の実を大きく、甘く育ててくれます。食感はさっくりしていますが、濃厚な甘みと芳香があり、秋風がさわやかになる気候に美味しい梨です。サイズはとても大きく、比較的日持ちもよいのでゆっくりと美味しさを楽しんでいただけます。また、料理やお菓子作りの材料にも適しています。


梨Wikipedia

 梨は水分が多く(約88%)糖分・酸味の成分を含むがビタミン類はほとんど含まず、栄養価が高いとは言えません。しかし、カリウムが血液中のナトリウムイオンの増加を防ぎ、高血圧などに良いとされています。また、ソルビトールは、甘く冷涼感のある糖アルコールでのどの消炎に効果があり、アミノ酸の一種アスパラギン酸は疲労回復効果があります。プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)は消化を助けたり、肉料理において肉を柔らかくしたりする効果があり、生の状態ですり下ろしたものを焼肉やプルコギなどの漬け込みだれとして利用することもできます。

 まさに「梨」は暑い夏から身体を守る、爽快なフルーツです!!


このページのトップへ

品種とお届けの時期

ご注文の承り

  • facebookで日々の仕事や
    梨畑の様子をお知らせしています